スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月1日ダブクロオンセ

タイトル
 「実験都市」
 トレーラー
 UGN幹部霧谷雄吾の元に、FHのコードウェル博士から招待状が届く。
 内容は、「これからの新しい秩序に向けて、一つ実験をしてみた、成果を見てみないか?」というものだった。
 さすがに、本人が出向くことも出来ないため、霧谷はPC①に代理を頼む。
 PC①が連れて行かれたのは、絶海の孤島。
 そこではジャームとオーヴァード、非オーヴァードが共存していた。
 ある意味、理想郷とも言えるその街は、あるジャームに狙われていた。
 PC①を初め、主人公達はジャームの魔手を断ち切れるのだろうか。

 ハンドアウト
 PC①:君は霧谷に頼まれて、この実験都市にやってきた。最初は、君も疑念を抱くが、次第に街の人と親しくなっていく。
    シナリオロイス:街の人々、ポジ:幸福感、ネガ:猜疑心
 PC②:君はコードウェルの命により、PC①の警護と監視の任に就く、無事この仕事が片付く事を祈っていたが、天は君に試練を与えたがっているようだ。
    シナリオロイス:コードウェル博士、ポジ:信頼、ネガ:不安
 PC③:君はこの実験都市の警備と、観察を行っている。この街の治安を乱す者は、何者であろうと排除せねばならい。
    シナリオロイス:街の人々、ポジ:庇護、ネガ:嫌気
 PC④:君はフリーのオーヴァードだ、インターポールからの依頼で、テロリストのジャームを追っていた。ジャームはどうやら実験都市(PC④はそれと知らない訳だが)に逃げ込んだらしい。依頼主は、対象の確保を望んでいる。生死を問わずにだ。
    シナリオロイス:とあるジャーム、ポジ:同情、ネガ:不快感

 プレイ風景
 オープニング
 PC①
 ハンドアウト通り舞台の島に向かうのだが、目的地がFHの管轄化ときいてチョービビる
 PC②
 コードウェル博士の命でPC①を護衛することに
 PC③
 舞台となる実験都市の警備主任として、仕事に励む、最近不審な船の目撃報告があり警戒心を高める
 PC④
 インターポール(架空)の依頼により、テロリストのジャーム『シード・オブ・ルーイン』の確保に乗り出す
 何でも標的は舞台となる実験都市に向かったらしい。実験都市は警備が厳しく通常の手段では侵入できない、
 PC④はゼノスのコネをつかい、実験都市に潜り込む。

 補足説明
 舞台となる実験都市では、ジャームが、他のオーヴァードや非オーヴァードと暮らしている。
 これは、この島にある巨大なレネゲイドクリスタルと、ソラリスが生成する薬品により
 特殊なDロイス『コモン・センス』を身に付けているためだ。
 このDロイスは衝動を抑制し、理性を取り戻す働きを持つ、ただし上記の通り、このDロイスは、
 レネゲイドクリスタルと薬品によりたもたれているので、この島を出ると効果は無くなる。
 なおこのDロイスを求めたジャーム達は、社会生活を営みたいという欲望が強かったジャームであった。
 この島の治安を守るため、コードウェル博士は、部下に治安維持を任せている。
 加えて治安維持部隊以外の、ジャーム、オーヴァードはワーディングが張れなくなる薬物を投与されている。
 また、この島は気流や海流の関係で通常の船や飛行機では出入り出来なくなっている。

 ミドル
 PC達は合流し、実験都市の平穏な生活を満喫する。
 やがて、PC④の追う『シード・オブ・ルーイン』が登場し、島の平穏を崩壊させる事を宣言する。
 しなくとも良いようなことだが、これが彼の趣味なのだ。
 PC達は、それぞれの思惑をもって、このジャームの情報を漁り始める。
 分かった事として、
 『シード・オブ・ルーイン』には『黒の』ヴィカラーラというバックがいる。
 『シード・オブ・ルーイン』には『スポーン・オブ・ルーイン』と言う部下達がいる。
 『シード・オブ・ルーイン』は巨大レネゲイドクリスタルの元に向かっている。

 クライマックス
 情報が出揃ったところで、PC③が部下と島の施設を動員して『シード・オブ・ルーイン』の足止めを行う。
 この間に全員が、『シード・オブ・ルーイン』と対峙する。
 この時点で、クリスタルまでの隔壁は残り一枚、『スポーン・オブ・ルーイン』は、
 ウルトラボンバーと自爆装置のエフェクトにより一人につき一枚隔壁を破壊出来る。
 『スポーン・オブ・ルーイン』は残り6名
 ここで戦闘に突入。
 『スポーン・オブ・ルーイン』の特攻により、ぼろぼろになるPC達、
 しかし、最後の『スポーン・オブ・ルーイン』が隔壁を破壊に向かった所で、PC④が時の棺のエフェクトを展開
 隔壁を壊すまで相当時間が掛かるようになってしまった『シード・オブ・ルーイン』は、とりあえず全員の抹殺に
 行動を切り替える。だが手駒を失い、一人だけになった彼は、PC達の集中砲火を食らい死亡する。
 戦闘が終わりバックトラックへ
 全員が帰って来れる。一安心のPC一同、そこへ『黒の』ヴィカラーラ登場、クリスタルを渡すように一同を脅す。
 だが、クリスタルのメンテのため密かに来ていた『プランナー』と、一同を心配して駆けつけたコードウェル博士
 が『黒の』ヴィカラーラを逆に脅迫し、退散させる。

 エンディング
 PC①は、事の顛末を報告するも、この件はお蔵入りに。
 PC②とPC③は、今は亡き共通の旧友を想いながら、釣り糸を垂れる。
 PC④は報酬の人参をうけとりウハウハ、(PC④はウサギのレネゲイドビーイング) 
スポンサーサイト

6/16シャドウラン

 今回はシャドウランでした。
 同じシナリオを、別な所で使うかもしれないので、
内容がばれない程度に。
 戦闘がありませんでした。
 クリッターが出ました。
 主人公が人質をとってました。
 APDS弾が凄い威力を発揮してました。
以上。
 何も言っていないのと同じですが、しょうがありません。
 慎重にプレイヤー側が動いたため、上手くいったところが多々ありましたが、
反面そのために、序盤だれてしまっていた所もありました。GMの反省点でもあります。
 もう使わない事がはっきりしたら、内容にも踏み込んで書いておきます。

ちょー久しぶりの更新、このブログ見てる人いんのかな?

 シャドウランプレイレポート
 えーと、まず、シャドウランがどういう世界観かというとアメリカ版トーキョーNOVAみたいな世界観です。
 基本サイバーパンクで、魔法もあり、怪物もあり、亜人種もありです。神業はありませんが、代わりにエッジというヒーローポイントがあります。
 タイトルのシャドウランというのは、このゲーム上の造語で、超強大になった企業がする、違法すれすれときにアウトな活動のことです。主人公はこのシャドウランをこなす下請けのフリーランスで、俗にシャドウランナーと称されています。
 キャラメイクはガープスに近いです。
 さてシナリオですが、今回は亜人種問題ネタ
シャドウランでは、プレイヤーキャラクターとして、ノーマルの人間の他に、ドワーフ、エルフ、オーク、トロールが選べます。当然これらの亜人には人権が認められていて、建前上法律と企業に守られています。
 しかしながら、リアル世界でも差別があるように、こうした亜人にたいする差別は、確実に存在しています。
 まあ、こうした背景のもと、主人公たちシャドウランナーたちは、オークの歌姫オークサーヌ(公式NPC)の招かれているチャリティーコンサートの護衛任務につきます。
 主催は巨大企業シアワセの孫受け会社シアワセ・アート・ミュージック(GMオリジナル)ですが、依頼主はここではなく、オーク人権委員会(公式の人権保護団体)です。
 会場に爆弾を仕掛けたという怪文章が出回ったための護衛ですが、シアワセ・アート・ミュージックは本気にしていません。
 オークの歌姫の存在は、オーク人権委員会にも有利に運ぶことが多いため、情報がとどいた人権委員かいらいしてきたのです。
 主人公達が調べるうちに、爆弾が発見されますが、どれも人死にが出なさそうな場所に仕掛けられています。
 なにやら裏がありそうな気配を感じ取った主人公達は、独自の調査を開始します。
 結果、浮かびあがったのが元シャドウランナーのオークサムライ(サムライはこの世界ではサイバー化の度合いが高く、強力な戦闘スキルを身につけた人物への尊称です)。彼は、今回のコンサートを主催したプロデューサーに恨みをもち爆弾を仕掛けたのです。
 具体的な恨みの内容としては、このオークサムライには妹がいて、不治の難病をわずらっており、常に高額の治療費が必要でした。
 彼がサムライとなりランナーとなったのは、この妹の治療費の捻出のためでした。
 ところが今回のプロデューサーは、シャドウランを彼に頼みながら、難癖をつけて、依頼料を僅かしか払わなかったのです。このため治療費が払えなくなり妹は死んでしまいました。
 さらに、難癖をつけたのは、彼が亜人を蔑視していたためでした。
 義憤に駆られた主人公達は、このプロデューサーに一泡吹かせるべく、行動をおこします。それまでに得ていた情報のなかに彼がヒューマニスポリクラブ(公式に設定されている亜人差別集団、良識のある人たちからは嫌悪されている)会員である可能性を示唆するものがあり、そこを調べ、事実ならそこから失脚させられそうだったからです。
 そして、彼がヒューマニスである証拠を守っていた、敵のサムライを倒した主人公一行は、その証拠を入手して、一泡吹かせるのに成功します。
 最後に、オークサムライから感謝の言葉と、追加報酬を受け取り事件は終わります。
めでたしめでたし
 プレイレポート終わり。
 追記
 この話、今回で四回目なのですが、今回の主人公が一番人情に厚いようでした。

3月10日プレイ風景

 今回のプレイ風景は、『ダブルクロス3rd』です。
 夜中に気の合う友人達と、スカイプでオンラインセッションしました。
 シナリオは、レッドマンオリジナルなものです。
 以前、別な友人達と遊んだ際作ったものを、一部変更して使用しました。
 シナリオタイトルは「修羅」といいます。
では、まずトレーラーを。

 激しい修羅の中、生きてきた少女がいた。
 手にかけてきた者たちの、魂の重みが限界を超えた時
 少女は逃亡を選択する。
 修羅の責務から逃げ出した少女を、裏切り者と呼べるのか?
 その少女を追う者たちに正義はあるのか?
 ダブルクロスそれは裏切りを意味する言葉

で、次にハンドアウトを。

PC①UGNイリーガル
シナリオロイス〈姫宮 忍〉15歳・女性 推奨感情、ポジ〈庇護〉・ネガ〈不安〉

 人格者の師匠がいたが、その人は数ヶ月前に亡くなった。
自分の能力を何に使うのか決めかねている。
 ある日傷だらけの少女を助け、それが元で事件に巻き込まれてゆく。

PC②UGNチルドレンもしくはエージェント、
シナリオロイス〈長谷部 薫〉37歳・男性 推奨感情、ポジ〈有為〉・ネガ〈脅威〉

 自分に力の使い方を教えた男が、UGNを抜けようとしているらしい。
単に抜けるだけならかまわないが、FHなどにいかれると厄介なことになる。
上司は、その男を調査するように君に命じた。

PC③UGNエージェントもしくはチルドレン
シナリオロイス〈姫宮 忍〉15歳・女性 推奨感情、ポジ〈尽力〉・ネガ〈劣等感〉

 数日前に行方をくらました少女の捜査を命じられる。
しかし、少女の事を調べるうちにこの少女を連れ戻すことに嫌気がさしてくる。少女を何とかしてやれないものか?
幸いPC④には貸しがある。一人で当たるよりは二人の方が、少女の未来を何とかできるだろう。


PC④何でもオッケー
シナリオロイス〈剛田 力〉30代・男性 推奨感情、ポジ〈感服〉・ネガ〈敵愾心〉

 君にはライバルと言えるFHエージェントがいる。コードネーム『タヂカラヲ』。
彼が動き出したことを察知した君は、N市に向かう。
そこで借りのあるPC③に出会い、事件の深みに嵌って行く。
今回の事件は、君に『タヂカラヲ』の意外な一面を、見出させることとなる。

 トレーラーとハンドアウトを、読んでもらえば分かると思いますが。
このシナリオは、姫宮忍というキャラクターを主軸に展開されます。
姫宮忍はヒロインで、守るべき者となっています。
プレイヤー達は、力を合わせ、このヒロインを守り抜かねばなりません。
さて、では彼らはいかにして、この少女を守ったかその軌跡を紹介していきましょう。
 それでは、本編の紹介です。

 オープニング
 今回のセッションでは、PC①はちょいと不良じみた高校生で、
イリーガルのUGNメンバーです。
 ある日、自分の守るN市にワーディングが張られたのを感知し、現場に向かいます。
そこで、PC①は姫宮忍に出会います。彼女は強そうに見えますが、何故か反撃しません。
PC①は割って入って、彼女を助け、匿います。

 PC②はUGNチルドレンで、今回の悪役の一人である長谷部とも知り合いです。
ある日上司であり父親代わりである、車谷から長谷部の動向を監視するようにいわれます。
 長谷部は、研究熱心のあまり暴走し、FHに寝返る恐れがあるということです。
 長谷部の向かったN市に、自分も向かうところで、オープニング終了です。

 PC③はUGNエージェントで、公式NPCの藤崎弦一郎から、姫宮忍の奪還を依頼されます。
しかし、姫宮に関するデータが、ほとんど詳らかにされなかった為、悩みながら、彼女が向かったと思しきN市に向かいます。

 PC④はUGNエージェントで、現在休暇中です。
 馴染みの情報屋から、個人的にライバルである「タヂカラヲ」が、N市に向かった事を聞き、
そこに向かいます。

 ミドルフェイズ
 PC①は姫宮忍から事情を聞きだします。
 しかし、本人は、何故自分が狙われているのか分かっていません。
分かった事と言えば、彼女はUGNに不信感をいだき、
もうUGNの為に戦いたくないと、想いを決めていることだけでした。
 PC②の元には長谷部から連絡がきます。
姫宮忍の捜索を手伝って欲しいということです。
 PC②は、長谷部の連絡先を聞いた後、
もともと知り合いであったPC①とつなぎをつけようとします。
 PC③は姫宮忍の写真を〈サイコメトリー〉し、
彼女の記録が、長谷部によって抹消された事をつきとめます。
 PC④は、知り合いであるPC③に、
「タヂカラヲ」の捜索を手伝ってくれないか打診します。
が、断られしまい、おまけにPC③の手伝いをさせられるはめになります。
 PC①とPC②は合流して情報を交換しようとしますが、
そこを、PC③とPC④に襲撃をかけられます。
 PC③はそこで姫宮を問い詰めます
「何故、逃げた?」
 姫宮は答えます。
UGNによる度重なる戦闘命令、
その中で殺した敵のこと、
そして、その中に見たかつての友人の面影。
「私は後何人、友人を殺せばいいのだ?」
 この後、PC③は態度を軟化させ、
姫宮忍が自発的にUGNに戻ってくるように動きだします。
 これによりPCは、全員協力して行動し始めます。
 全員による情報収集の結果、より深い情報が集まります。
 一つ、姫宮忍は、初期型戦闘用人格という要素をもっていること。
 一つ、それを作った一人が、長谷部であるということ。
 一つ、日常生活を送れている初期型戦闘用人格は、姫宮しかいないこと。
 一つ、長谷部は、姫宮忍に注目して、実験材料にしていたこと。
(彼女への度重なる戦闘命令は、ストレスへの耐性を測る実験だった。
ついでに、殺した相手が友人に似ていたのも、その実験の一環だった。)
 一つ、長谷部は、姫宮忍をつれてFHに寝返るつもりであること。
 一つ、「タヂカラヲ」と長谷部は協力関係にあること。
 情報が出揃い、長谷部の居所を探るPC達の元に、
「タヂカラヲ」から通信が入ります。
 彼もまた、終わらない戦いに疲れていました。
ライバルであるPC④に、自分の人生を完結させて欲しいと伝え、
自分と長谷部の居場所を教えます。

 クライマックスフェイズ

 ラスボス戦、なのですが、PC達の楽勝でした。
PC達が初期作成なので、
ある程度は、手加減して作成したボスだったのですが……、
チクショー覚えてやがれ、次こそは……。(こんなこと言ってて、勝てた人を知らん訳ですが……。)

 エンディング

 姫宮はUGNに戻って行った。
 彼女はPC達の尽力により、戦線から外され、
後方任務にあたりつつ、心の傷を癒してゆく……。
 PC達は願う。いつか彼女が、笑って過ごせる。そんな日々が来て欲しいと。

 エンド


 と、まあ。こんな感じでした。実際のエンディングは、
もっとグダグダと、わりかししょうもなく終わりました。
 ……全体の雰囲気は伝わったと思いますが、どうでしょう皆様?

1月29日『ファイヤード』プレイ風景

 1月29日は、『ファイヤード』を遊んでみました。
 シナリオは、ジャイブの『ファイヤード』サイトにあるシナリオ
「狼の母、狼の仔」を使いました。
 今後このシナリオを遊ばれる方は、ここで引き返してくださいませ。

 
 なお、ハウスルールとしてチットを導入しています。
これは、他のプレイヤーの行動や言動に、面白い、共感できる、感動した
場合、あらかじめ場に用意してあるチットを、そのプレイヤーに投げつけます。
溜まったチットを10枚消費することで、
任意のパラメーターを1点上昇させたり、判定のダイスを増やしたり出来ます。
さらに、20枚消費することで、判定の難易度を一段階下げることなどができます。
 
 では本題に――、このシナリオは、人望があり行動力に富む女性、
通称「ママ」が死亡するところから始まります。
 PCは以前「ママ」の護衛をしたり、助けられたりして、
「ママ」の人徳に惹かれていることに、してもらいました。
 そのPCたちは、
 人格を持ったお守りの鳥、
 魔法少女を操る変態気味の豚、
 アングラ系プロレスラー
 バルタン星人、
 スキュラ(ギリシャ神話に登場する怪物)
というとってもカオスなとりあわせ。
 「ママ」の死に、不審を抱くボディーガード会社のトップから
主人公たちは調査を依頼されます。
と、ここまでがステージ0です。
ここでは変態の豚がブイブイいわせながら、その変態っぷりによりチットを稼ぎます。
他のメンバーも、そこそこ自分のキャラを確立させつつ少しずつチットを稼ぎました。
 ステージ1では「ママ」の死の真相をさぐりつつ、何がどうなっているのかPC達は
調査を開始します。その結果「ママ」に悪い噂を立てている人物の存在や、
ケシンとよばれる特別警察の、発表とは異なった、「ママ」の殺害シーンの映像を入手します。
謎は深まるばかりなのですが、主人公一行はさらに捜査を続けます。
 ステージ2では、さらに捜査を進めると共に、状況打破や事態収拾のための情報収集も進めていきます。
ここでは、「ママ」を実際に殺した人物を特定し、彼女が何をやっていたのかをしらべました。
 ステージ3では真相が明らかになります。
 ストリートで少年少女の行方不明事件が頻発しており、
そのことに不審を感じた「ママ」は調査を開始し、事件を隠蔽したい人物に、間接的に消されたのです。
 行方不明の少年少女は、マッドサイエンティストの実験のモルモットとして処理されていました。
ちなみに、「ママ」の悪い噂を立てていた人物も、マッドサイエンティストの手下でした。
 クライマックスは、このマッドサイエンティストとのバトルです。
 主人公たちはけっこうあっさりと、バトルに勝利して。
 事態収集判定に進みます。これはマスターの用意したダイス11個を当てる、というものだったのですが。
ここでも豚がブイブイいわせて、アングラレスラーが止めをさしました。
 こうして「ママ」の魂の安息は守られたのでした。
 おしまい。 
プロフィール

レッドマン

Author:レッドマン
 ちょいと電波なゲームマスター

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。